アーユルヴェーダ/冷えとり/名古屋

いまから冬の冷えをとる、夏のアーユルヴェーダ料理教室に参加(後編)

前回の続きです

食事でおなかも心も満たされたら、これまたスパイスたっぷりなチャイをいただきながら、ゆったりと座学のスタート。

同時にバターを溶かしながら、いま話題のオイルでもある「ギー」もつくっていきます。

(ギーについては当日のレクチャーや作り方の手順がHIROBAさんに掲載されているので、そちらをぜひに)

座学のほうは、そもそもアーユルヴェーダってどんなもの?という説明から、前編でも触れたヴァータ・ピッタ・カファ(=ドーシャ)のバランスを整えようというお話、アーユルヴェーダにおける医学のこと、ドーシャそれぞれのエネルギーの質を高める方法などのレクチャーが。

DSC_3290

アーユルヴェーダといえば、オイルを第三の目があるあたりに垂らしながら癒されるマッサージや、目の周りに小麦粉を水で練ったもので土手を作ってギーを流し込む眼球のトリートメントなら知ってるという方も多いですよね。

でも私も知らなかったんですけど、ヨガや瞑想、呼吸法もアーユルヴェーダのなかのひとつの健康法なんだそうです。

またアーユルヴェーダのなかの薬草(ハーブ)の知識が西洋に広まったものがアロマテラピーとなり、中国に広まったものが漢方となり。

さらにいえば、アーユルヴェーダは医療の知識自体が太古から発達していて、それが西洋に広まったものが西洋医学になり、中国に広まったものが東洋医学になった、と言われているくらいなんです。

前述のオイルマッサージやトリートメントも、アーユルヴェーダのなかの身体のケア方法のひとつ。

つまりアーユルヴェーダは、食も医療も、心と身体に効く健康法も、アンチエイジングも、デトックスも、不妊治療などの生命科学も、すべてを含む、総合的な叡智なんです。

体質にあった食事をし、身体をうごかし、マッサージなどでもケアしながら、ドーシャのバランスを自分にとってのベストな状態にもっていく、そうすると自己治癒力が高まり、心身ともに健康になって幸せが拡大していく。そんなふうに考えられているといいます。

わたしはといえば、元々アトピーやアレルギー持ちなので、いろんな代替医療に関心があって、でもアーユルヴェーダはマッサージのことを知っていたくらいでした。

マーマーマガジンなんかでアーユルヴェーダが取り上げられはじめたころ、高校の同級生である香織ちゃんもFBでアーユルヴェーダを発信しはじめ、友人として会ったりしているうちに、その世界や食への考え方にどんどん惹かれていったくちです。

「ABOUT」のところでも書いていますが、東京にいたとき彼女の4回連続ワークショップを受講し、マインドの捉え方や整え方も知って、ますますハマり、いろんな知恵を生活に取り入れるのが楽しくて、できることから実践したりしています。

話はそれましたが、ギー作りのほうは、すっかりバターが溶け(この日用意されたのは、質の良さで評判の「よつ葉バター」)、不純物を取り除くために漉す作業を体験。DSC_3292

座学のほうは、「夏の過ごし方」のお話へ。

夏のドーシャの変化、水分補給や食事のコツ、避けたほうがいい食材・おすすめの食材、マッサージのとき使うといいオイルの種類、衣服の素材のこと、太陽や月や星のこと、ヨガなど身体を動かすときの注意点などなど。

愛知が実家の香織ちゃん。講座のために帰省したところお母さんから「名古屋はこんなに暑いのに、あなたは涼しげね」と言われたのだとか。

いわく、それにはやっぱり日々の食事が大きいのだそう。

自分をふりかえってみると、この夏はちょっとアトピーがぶり返してしまったので反省反省。夏は悪くなりやすいと分かっていたものの、仕事の(ありがたい)忙しさでライフスタイルが乱れていたからなあ……と、心当たりはありまくり。

この講座の大きな教えは「夏バテをふせいで体の熱をとる。それが冬の冷え性をとる。」ということ。

冬の冷え性が防げれば、1年中快適でいられるということですよね。

冷えとり健康法もゆるく続けている身としては、いまからでもそれを目指したいところであります。

それに秋には秋の智慧があるので、それを学べる教室にもぜひまた参加したいな、と。

http://ayurda-nagoya.moon.bindcloud.jp/

2017年10月13日(金)・15日(日)・17日(火)

太白胡麻油でのセルフマッサージも興味あったので、うれしいー。

さて、この日お土産で各自持ち帰ったギー。使っているあいだ、ほんとに幸せでした。

瓶のフタを開けただけで香りにうっとり。実家の定番・スーパーのふつうの食パンに塗れば、一気にリッチな味わいに。

DSC_3293

モデルのローラが使ってるということで流行りはじめ、入手しやすくなったギー。

手作りしても購入してもそれなりにお値段は張るけれど、せっかく身体に入れるなら、こういう「使うよろこびのあるオイル」がいいなあと実感しました。

美容好きや健康志向の女性へのプレゼントにもよさそう。

話はまた飛びますが、上のサイトをずっと見ていくと紹介されている、香織ちゃん主宰のリトリートプログラム、めちゃくちゃ魅力的です。

南インドのケララ、行ってみたいな。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中